施設のご案内/facility

受け継がれ守り続けた書院造の宿は人と人とのふれあいを大切にした昭和レトロの空間

【宿の歴史】

当館は創業者である二本柳福太郎によって1933年(昭和8年)に創業され旅の行商人や出稼ぎの漁師さん、さらには地元の学校に勤める独身の先生などの下宿代わりにご利用いただくなど大漁で賑わうここ南茅部(みなみかやべ)内外の人たちのための宿でした。

時には結婚式場としてご利用いただいたり、会合や宴会などにも使用され、地元地域のランドマーク的存在でした。

その後、第二次世界大戦をはさみ地域社会も変わり、海の様子も変わり、それまでの賑わいは失われていきました。

現在は4代目当主 二本柳芳樹が宿を切り盛りするかたわら平成23年には館内にお昼のみの営業で「手打ちそば 久蔵」をオープンさせ営業しています。

さらには同じく平成23年に函館の歴史を知るうえで貴重な建築物に贈られる「歴風文化賞」(函館の歴史的風土を守る会認定)を受賞しており、創業から80年経った今もゆっくりとした時間が流れる昭和レトロな空間の宿として営業を続けています。

【昭和初期の文化を今に残す建物】

お部屋はお隣をふすまで仕切った純和風様式のお部屋か昭和の時代を思い起こさせる和洋折衷様式のお部屋のいずれかでご用意させていただきます。

廊下、階段は板張りで、いたる所に歴史と木の温もりが感じられます。

そして、昭和初期の旅館らしくお風呂、お手洗いは共同使用となっております。

玄関は引き戸で、ここにも昭和の風情が残されています。

お食事は1階の欄間のある食堂にてご用意させていただきます。

チェックイン/チェックアウト

・チェックイン  14:00

・チェックアウト 10:00

【ご用意している備品類】

・Wi-Fi

・歯ブラシ

・浴衣

・フェイスタオル

・バスタオル

・シャンプー、石鹸(お風呂備え付け)

・湯たんぽ(冬期のみ)

・冷蔵庫※共同使用となります。

・ドライヤー※ご使用時にお申し付けください。

・アイロン※ご使用時にお申し付けください。

・ひげそり(有料)

・ランドリー(有料一回¥200・洗剤サービス)※洗濯機のみのご用意です。

・ストーブ(冬期のみ)※一泊¥300円頂戴いたします。

その他、お気軽にご相談ください。